勉強の名言

満足いく人生を生きるための名言!20歳でも80歳でも学ぶことを止めた人はみんな老人。≪ヘンリー・フォード≫

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young
(20歳だろうが、80歳だろうが、学ぶことをやめてしまった人は老人なんだ。みんな誰でも学び続けるうちはいつまでも若いのさ。)

-Henry Ford
/
ヘンリー・フォード(1863~1947)

ヘンリー・フォードの名言。

例え20歳であろうと、80歳であろうと、学ぶことをやめてしまった人はすでに老人。
逆に言えば、何歳であっても学び続けるのであればいつまでも若いのです。

学ぶのをやめた時点で周りからおいて行かれるのは明らかです。
時が流れているにもかかわらず進むことをやめてしまった場合、進んでいる周りにはおいて行かれてしまうので、現状維持ではなく、退化となってしまいます。

進む=学ぶ

ですね。学べば学ぶほど人は先に進めます。

今が一番若い

結局何が言いたいかと言えば、今がこれからの人生の中で一番若いんですよ。

今が一番若いのにかかわらず何か言い訳を付けてチャレンジをやめてしまう、学ぶことを止めてしまうということは本当にナンセンスです。
80歳で英語を離せない人が学んだって無駄じゃないわけです。

逆に年齢を言い訳にして学ぶことをやめてしまった時点でもう何もできません。
それから進歩することができないのであればただただ、その人生は終わりを迎えるしかありませんね。

また、若い人でも楽しいから、と現状維持を望む人がいます。
が、現状維持というのは非常に難しいこと。
なぜなら、時間は過ぎていくからですね。

自分だけが変わらずとも周りは必ず変わっていきます。
しかもあなたが望む方向に変わるとも限らない。
望む方向に変えられるのは自分だけなので。

であれば少しずつでも学んで進歩していった方が良いですね。
学ぶといっても別に勉強をしろ、と言っているわけではないです。
例えば歌をうまくなるように練習するとか、本を読む習慣をつけるとか。

今までの自分以上にプラスできればそれが学んだことになります。
あまり難しいことではないのですが、面倒くさいのか、変化が怖いのか、学ぶことにチャレンジする人は歳を重ねれば重ねるほど少なくなっていきますね。

繰り返し言いますが、今の人生今が一番若いんです。
今チャレンジできないことが今後の人生でチャレンジできるわけがありません。

であれば、今、学ぶことが非常に重要なわけです。
時間は有限。
自分がいつ死ぬかもわからない。
であれば、毎日進歩し、満足のいく人生を生きていきましょう!

ヘンリー・フォードとは?

ヘンリー・フォードはアメリカの企業家。
自動車会社のフォード・モーターの創業者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者です。

体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらしました。
例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立したのもヘンリー・フォードその人です。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!


ピックアップ記事

  1. 変わったときに一緒に変わる。うなずいたときに一緒にうなずく。そんな友は必要ない。…
  2. 【教育・勉強に対する名言】子供たちが勉強するには教える技術が重要なんじゃなくて、…
  3. 【人間関係の名言】人のことを知りたいのであればその人が他の人をどう言っているのか…
  4. 【ポジティブな名言】ないものではなく、あるもので何ができるかを考える≪ヘミングウ…
  5. 【人生に必要な名言】必ずしも行動しても幸せになれないが、行動しないと幸せは訪れな…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP