人間関係の名言

【人間関係で憤った時の名言】怒ったときは口を開く前に10を、激怒したときは100を数えるんだ。≪トーマス・ジェファーソン≫

When angry count to ten before you speak. If very angry, count to one hundred.
(怒ったとき、口を開く前に10を数えよう。もし激怒したときは100を数えるんだ。)

– Thomas Jefferson
/
トーマス・ジェファーソン
(1743~1826)

トーマス・ジェファーソンの名言です。

怒りに関する考え方です。
人間関係、怒りは色々なものを破壊します。
怒ってもいいことはなかなかありません。

でも、怒りやすい人は怒りたくないと思ってもすぐカッとなってしまう。
それは、すごく損ですよね。

カッとしたとき、このトーマス・ジェファーソンの名言を思い出すとかなり改善されますよ。

怒っても時間がたてばたつほど冷静になる

怒りはお湯が沸騰するようなものです。

沸騰したお湯も何もしなければ温度は下がっていきます。
それと同じように怒りも時間がたてばたつほど冷めていきます。

だから、怒った瞬間、それを吐き出す前に10を数える。
激怒してしまったら100を数える。

しかもゆっくりめに数えるなら尚良いですね。

たったこれだけのことですが、少し怒りが冷めます。

カッとなった時にそれを吐き出してもいいことはありません。
少し自分がスッとするくらいでしょうか?

相手にとってはストレスでしかないですし、自分は冷静でない分感情的になり判断を誤りやすいです。

怒って解決するのであればいくらでも怒っていいと思います。
ただ、怒っても過去は変えられません。
解決できない場合がほとんどです。

であれば、冷静に解決方法を考えた方が良いに決まっていますね。

もちろん、人間なのでどうしても感情が爆発してしまうこともあるでしょう。
それはそれでしょうがないです。

でも、自分で短気という自覚がある人はちょっとしたことやくだらないことで怒りを吐き出してしまわないように今回の名言を心に留めておくといいかと思います。

トーマス・ジェファーソンとは?

トーマス・ジェファーソンはアメリカの政治家で、第3代アメリカ合衆国大統領です。

アメリカ独立宣言(1776年)の主要な作者であり、アメリカ合衆国の共和制の理想を追求したことで最も影響力のあったアメリカ合衆国建国の父の一人とされています。
共和制を推進し、イギリスの帝国主義に対抗する偉大な「自由の帝国」の陰にある力としてアメリカの姿を描きました。
首都ワシントンD.C.で就任演説を行った最初の大統領。

政治哲学者として啓蒙時代の人物であり、イギリスやフランスの多くの知識人と知り合いでした。
共和制の美徳の体現者としてヨーマン(独立自営農民)を理想化し、都市や金融家を信用せず、州の権限や厳しく制限された連邦政府に賛成。
ジェファーソンは政教分離原則を支持し、バージニア信教の自由法(1779年、1786年)を起草しました。

戦時のバージニアで知事(1779年-1781年)を務め、初代国務長官(1789年-1793年)および第2代アメリカ合衆国副大統領(1797年-1801年)も歴任しました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【成長するための名言】冬がなかったら春を喜べないように逆境がなければ成功も喜べな…
  2. 【結婚に関する名言】一緒に生きられるじゃなくて、一緒じゃなきゃ生きていられない相…
  3. 【かっこいい名言】凧は風に向かっているときに一番高く上がるもの≪ウィンストン・チ…
  4. 努力するのがつらくなってきたときに読みたい名言!高みにはいきなり到達するのでなく…
  5. 【人間関係で重要な名言】第一印象に二度目のチャンスはない!≪ウィル・ロジャース≫…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP