成長に関する名言

【成長するために必要な名言】過去には敬意を。未来にはなりふり構わず。≪クレア・ブース・ルース≫

Take your hats off to the past, but take your coats off to the future.
(過去には帽子を取って敬意を払いましょう、でも、未来にはコートを脱いで立ち向かいましょう。)

– Clare Booth Luce
/
クレア・ブース・ルース (1903~1987)

クレア・ブース・ルースの名言です。

過去には敬意を。
未来にはなりふり構わず向かっていこうという力強いメッセージです。

過去は何をしても変わることはありません。
なので悔やむことはやめましょう。

逆に未来はいくらでも変えることができます。
それはもちろん自分次第となります。

過去も未来も成長するために非常に重要になっていきます。

成長させるために過去を振り返り、未来に向かう

過去は悔やんでも過去は変わりません。
とはいえ、過去にあったことは悪いことばかりではないはず。

自分が成し遂げたこともあることでしょう。
悔やむことが変わらないのと同じように成し遂げたことも変わりません。

“過去に敬意を”とは、成し遂げたことを振り返って成し遂げた自分に敬意を表すること。
と、僕は解釈します。

成し遂げたことに対して敬意を表して、自信を持つ。
何も成し遂げたことがない人はいないはず。

小さいことでも見つけて敬意を表して自信とすれば、自分の成長に大いに役に立ちます。
自信がない人ほど縮こまって、行動ができず、成長スピードが遅くなります。

ですので、自信を少しでも持てるように過去を思い返すことが重要になります。

過去に対して、未来。
未来に関しては、なりふり構わず。

考えることももちろん必要ですが、それ以上に勇敢に。

一歩踏み出さなきゃいけない時が結構な頻度で起きるはずです。
成長する人、成功する人はその一歩が踏み出せる人。

その一歩が踏み出せる人は勇敢な人。
とはいっても、そこまで深く考える必要もなくてクレア・ブース・ルースが名言で言っている通り、なりふり構わず立ち向かえばいい。

考えれば考えるほど勇敢さは失われていくはず。
であれば、考えすぎず行動する癖をつけられるように。

それだけで未来が自分が望むように変わっていくはずです。

過去には敬意を。
未来はなりふり構わず。

自信をもって突き進んでいきましょう。

クレア・ブース・ルースとは?

クレア・ブース・ルースはアメリカの編集者、劇作家、米下院議員、米駐イタリア大使でした。

1936年有名喜劇「女たち(The Women)」を発表し大ヒット。
その後の作品でも劇作家としての名声を高めていきました。

1942年に、政治家に転身。
コネティカット州から共和党下院議員となりました。
1944年、日本の敗戦が色濃くなり、ソ連および中国共産党の勢力が増してくるなか、クレアは共和党政治家として反共主義の視点を強く打ち出すようになりました。

詳細はこちらで
クレア・ブース・ルース
※引用元:極東ブログ様

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【短くてかっこいい名言】目標から目を離すと障害がおそろしくなる。≪ヘンリー・フォ…
  2. 上手に嘘をつくには頭を使う必要がある≪サミュエル・バトラー≫
  3. 夢を叶えるために覚えておきたい名言!偉業を成し遂げる人の最大の味方、それは、、、…
  4. 【ポジティブな名言】ないものではなく、あるもので何ができるかを考える≪ヘミングウ…
  5. 【人間関係についての名言】自分を高みに導いてくれる人と付き合うべき。≪オプラ・ウ…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP