人生の名言

【人生で必要な名言】リスクを取る勇気がなければ何も成し遂げられない≪モハメド・アリ≫

He who is no courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.
(リスクを取る勇気がないなら人生で何も成し遂げられないんだよ。)

– Muhammad Ali
/
モハメド・アリ(1942~2016)

モハメド・アリの名言。

人生で自分の目標を成し遂げようと思えば大なり小なり、リスクを取らなきゃいけない場面が出てきます。
そのリスクを取れる勇気を持てるか持てないのか非常に重要となります。

リスクを取る勇気

自分が思う安全な道だけを行くのであれば大失敗することはないかもしれません。
が、成功する可能性はかぎりなく低くなってしまいます。

逆にリスクを取って臨めばもしかしたら大失敗してしまうかもしれませんが成功する可能性も出てくるわけです。
ただ、失敗するリスクがやたら高いものにいきなり勇気をもって立ち向かっても仕方ありません。

ではどうするか?というと、リスクを小さくすることを考えましょう。

リスクを小さくするというのは、成功する可能性を高めるということですね。
成し遂げたいことのために努力を積み重ねる。
すると成功する確率が高まり、リスクが低くなってきます。

リスクが小さくなるのであれば勇気は少なくてすみます。
結局、勇気というのは自信が持てるか持てないかということに依存します。

リスクを低くする行為というのは自分が成功できるという確信を高める行動に他なりません。
つまりはリスクが低くなった=自信が持てるようになった。

ということになるわけですね。

自分が何を積み重ねてきたか、目標を見据えてきたか、そこに対して自分に自信が持てるならばそのリスクもとれるようになります。
リスクのハードルを低く、自信を持てるようにして自分ができるタイミングで勇気を出してリスクを取っていきましょう。

逃げてばかりでは何も成し遂げられません。
リスクを取る場面、自分でしっかり見据えていきましょう。

モハメド・アリとは?

モハメド・アリはアメリカのプロボクサーです。
元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン。

1960年ローマオリンピックボクシングライトヘビー級で金メダルを獲得。
その後プロに転向し、1964年にはソニー・リストンを倒して世界ヘビー級王座を獲得しました。

ジョージ・フォアマンとザイールで対戦し、8Rでの一発大逆転を演じたタイトルマッチや、ジョー・フレージャーとの死闘など、ボクシング史上に残る数々な名勝負を行っています。
最終的には、通算3度のチャンピオン奪取成功と19度の防衛に輝きました。

鈍重な大男の力任せな殴り合いだったヘビー級ボクシングに、アリは蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込みました。
アリのトレーナーのドゥルー・バンディーニ・ブラウンは、試合前によく肩を組んで「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」と一緒に叫ぶパフォーマンスを見せていました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

【参考:モハメド・アリ KO集】

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【ポジティブな名言】ないものではなく、あるもので何ができるかを考える≪ヘミングウ…
  2. 【短くてかっこいい名言】リスクを冒さないというのは全てのリスクにさらされるという…
  3. 【成長するために必要な名言】過去には敬意を。未来にはなりふり構わず。≪クレア・ブ…
  4. ポジティブな英語の名言24選 悩んだ時に読むべき、やる気を出す!前向きになれる名…
  5. 変わったときに一緒に変わる。うなずいたときに一緒にうなずく。そんな友は必要ない。…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP