恋愛の名言

【愛に関する名言】愛は花のように育てなきゃいけないもの。≪ジョン・レノン≫

Love is like a flower- you’ve got to let it grow.
(愛は花のようなもの。育てなきゃいけないのさ。)

– John Winston Ono Lennon
/
ジョン・レノン(1940~1980)

ジョン・レノンの名言。

愛は芽生えたらその状態が最高というわけではなく、花のように育てなきゃいけない。

愛は成熟させるとより深く相手のことを想えるようになります。

愛を育てる

人の感情は移ろうもの。

恋から愛に変わるだけでもかなりの変化です。
恋に落ちたときのように燃え上がる気持ちを持ち続けている人はなかなかいないと思います。

愛に変わった時には相手がそばにいるのが当たり前のような感覚になります。
ただ、当たり前をただ当たり前とするのであればいつかその愛は枯れてしまうでしょう。

愛は育てるもの。

結局、年月を重ねれば重ねるほど相手のことを理解した気になっておざなりになってしまいがち。
これが、互いの間に溝を作り、溝が深まれば深まるほど愛とは程遠いただの惰性になる、もしくは亀裂となって離れていってしまいます。

ではなく、互いが互いのことを考える。

当たり前だと思っていたことに対してもありがとうとお礼を言う。
つまらないことで怒らず、笑顔でいる。
毎日会話をする。
率直に相手が何をしてほしいか聞いてみる。
相手の変化に気づいて言葉にする。
ほめる。

やれることは相手の立場に立てばいくらでもあります。
年月を重ねれば重ねるほど当たり前になってしまうことが多くあります。
その当たり前を見逃し、ただ享受していると理解をしているつもりが相手からは理解していないとなってしまいます。

それはあたかも花に水も肥料もあげないようなもの。
であればもちろん枯れてしまいます。

当たり前は当たり前じゃない。
働くことも、家事をすることも。

愛は互いに育てなければ枯れてしまう。

逆に言えば、互いのことを考えて行動ができていれば育ち、互いに欠かせない存在になっていきます。
ずっと一緒にいたいのであれば愛を育てることを認識して互いのことを想って生きていきましょう。

ジョン・レノンとは?

ジョン・レノンはイギリスのミュージシャン、シンガーソングライター。
イギリスのロックバンド、ザ・ビートルズのオリジナル・メンバーで、主にボーカル・ギター・作詞・作曲を担当をしていました。

ビートルズ解散後はソロとしてアメリカを拠点に妻であるオノ・ヨーコと共に活動していました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

【参考動画】

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【人間関係で憤った時の名言】怒ったときは口を開く前に10を、激怒したときは100…
  2. 失敗しても落ち込むな!唯一本当の失敗と呼べるのは、失敗から何も学ばないこと≪ヘン…
  3. 【人生の名言】一生をともにしても幸せな自分を創る≪ゴルダ・メイア≫
  4. 失敗者とはあきらめた人。あきらめるときの名言にどれだけ成功に近づいているか考えよ…
  5. 【お金の名言】お金の貸し借りはしちゃいけない。なぜなら、、、≪シェイクスピア≫

関連記事

Recommend post

PAGE TOP