成長に関する名言

知識は実行されない限り何の価値も持たない!≪アントン・チェーホフの名言≫

Knowledge is of no value unless you put it into practice.
(知識は実行に移されない限り何の価値もないものだ。)

-Anton Chekhov
/
アントン・チェーホフ(1860~1904)

アントン・チェーホフの名言。

知識は実行に移されない限り何の価値を持たない。

知識を仕入れるのはすごく重要です。
しかしながら、知識を仕入れただけではもちろん何の役にも立たないです。
行動がそれに伴わなければ折角仕入れた知識も宝の持ち腐れです。

インプットだけではなくアウトプットも

実行しなければ何の役にも立たないというと、学校の勉強は?と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
実際生きていく上で必要ないじゃないか!と。

ですが、ちゃんと勉強すれば学校のテストで良い点とれますよね?
そうすれば評価も上がり、いい大学に行けますよね?
単純に高校以降は学校を卒業することもできるわけです。
それで役に立たないということはすでにありませんね。
(それ以上に数学は論理的な思考とか、国語はそもそも語彙力、文章力なのでどうあっても生きていくためには必要なものなのですが、、、)

それはさておいて。
知識というのは全部が全部実行できるわけではありません。
が、アウトプットすれば話は別です。

インプットだけですとどうしても自分内で完結してしまう。
そして、意外と分かった気でいてしまいます。

が、アウトプットすることで自分がどれくらい分かっていて、分かっていなかったのか。
それを知ることができます。

そして、アウトプットすることでその情報は誰かの耳に入り意味を持つことになります。
実行しなければ、と思うと若干ハードルが高いかもしれません。
しかしながら、アウトプットを意識する。
単純に人に話すとか、SNSに書くとかです。

それだけでその知識は存在する意味を持ち、かつ、自分の知識がブラッシュアップされるものになります。
インプットしたらアウトプット。
これを意識していくと知識が無駄にならずに済みますよ。

アントン・チェーホフとは?

アントン・チェーホフはロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家です。

チェーホフは短編小説により、19世紀末にロシア文学史の流れに革命を起こしました。
当時ロシアの文壇では長編こそが小説であるという風潮が強く、チェーホフのように第一線で短編小説を絶えず発表した書き手はいませんでした。

また、小説だけでなく、チェーホフは最晩年の作品である戯曲『かもめ』、『三人姉妹』、『ワーニャ伯父さん』、『桜の園』の作者として、伝統的な戯曲と対極を成す新たな領域を切り開いた劇作家でもあります。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!


ピックアップ記事

  1. 【お金に関する名言】金がないこと、それが全ての元凶。≪バーナード・ショー≫
  2. 【ポジティブに考えるための名言】批判は何をするにもされる。だから勇気をもって最後…
  3. 【子どもへの教育の名言】何を考えるか、ではなく、どうやって考えるか≪マーガレット…
  4. 【ポジティブな名言】上手くいってたことがダメになることもある。だけどもっといいこ…
  5. 【人生の名言】20年後には自身がやったことよりもやらなかったことに失望するだろう…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP