かっこいい名言

【かっこいい名言】限界に限界はない。限界を超えたときに新たに限界が生まれる。≪イビチャ・オシム≫

It’s unlimited in the limit.When exceeding the limit, the next limit is born.
(限界に限界はないんだ。限界にを超えたときに次の限界が生まれるからね。)

– Ivan Osim
/
イビチャ・オシム(1941~)

イビチャ・オシムの名言です。

限界に限界はない。
まさに、ですね。

自分が限界と思ったとしても超えることができます。
超えた瞬間に次の限界が見える。

と考えると限界というものはないということになりますね。

自分の限界を決めることはナンセンス

自分の中でここまでが限界と決めつけ、それ以上努力をしないことがあります。
世界の頂点を極めたのならまだしも自分で限界を決めつけるのなんかもったいない。

限界を決めてしまった時点で諦めたことになってしまいます。
限界と思った時点でそれより先に行けなくなってしまうわけですからね。

自分の限界なんか決めない方が良いんです。
どこまでいけるかなんか誰もわからない。

自分が自分の可能性を信じてあげなければ自分の人生なのに自分がかわいそうです。

これが限界と感じてしまったときは、とりあえずちょっとずつやってみる。
あと1歩、あと1秒、あと1㎜みたいに。

本当にちょっとだけ。
ちょっとだけを繰り返し積み重ねる。

すると、限界と感じてしまった部分を少しだけでも超え続けることができます。
超えられたということはすでに限界ではないわけですね。

自分が限界と思った時点で限界が決まってしまいます。
限界に到達したとき、諦めてしまう。
であれば、とりあえず限界なんか考えずに突き進んでいった方が良いですよね。

イビチャ・オシムとは?

イビチャ・オシムはユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエヴォ出身のサッカー選手、指導者です。
愛称はシュワーボで、本名はイヴァン・オシム。

旧ユーゴスラビア代表の最後の監督であり、日本でもジェフユナイテッド市原・千葉、日本代表で監督を歴任するなど、世界各国で豊富な指導歴を持つサッカー指導者です。

旧ユーゴスラビア代表監督時代の1990年ワールドカップ当時、各民族のスターばかりを集めた選手起用を求めるメディアに対する当てつけとして、初戦西ドイツ戦で敢えてその要求通りの起用で敗戦してみせ、次の試合では本来考えるチーム編成で勝利。
最終的には、準々決勝でマラドーナを擁するアルゼンチン相手に1人欠きながら120分間無失点のドローの末、PK戦で敗れました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【人生で成功する名言】本物の成功者たちは、ほとんど全てのことに、、、≪ウォーレン…
  2. 人には親切にしましょう。あなただけじゃなくみんな厳しい戦いをしているんだから≪プ…
  3. 知識は実行されない限り何の価値も持たない!≪アントン・チェーホフの名言≫
  4. 【子どもへの教育の名言】何を考えるか、ではなく、どうやって考えるか≪マーガレット…
  5. 【かっこいい名言】毎日をきっぱり終わらせる。あなたは全力を尽くしたのだから。≪エ…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP