恋愛の名言

【恋愛をしたい人への名言】運命の人にいつ会うかわからない。だからできるだけかわいくいましょう。≪ココ・シャネル≫

You never know, maybe that’s the day she has a date with destiny. And it’s best to be as pretty as possible for destiny.
(その日にもしかしたら運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにできるだけかわいくあるべきだわ。)

– Coco Chanel
/
ココ・シャネル(1883~1971)

ココ・シャネルの名言です。

恋愛に関する心構えの名言ですね。
いつ運命の人に会えるかわからない。

だから常に自分をベストの状態にしておく。
大変かもしれないですけど、これが習慣化されればモテるかもしれませんね。

毎日が勝負の意識

毎日ができるかぎりかわいくしておくというのはすごく面倒くさいことかと思います。
ファッションや化粧に気を使うというのも神経を使うことでしょう。

ただ、シャネルが言うように、運命の人に会うかもしれない、と考えれば気合も入りそうです。
毎日毎日運命の人に会うかもしれないから、と気を使っていけば、必ず輝いているように見え、今までよりは異性よりモテるようになるはず。

そして、毎日繰り返し、サボらずに継続していけばそれが当然のこととなり、面倒くささも軽減し、感性も上がってくる。
肌にも気を使い、体重にも気を使うこともすれば、より一層輝きも増すでしょう。

理想の相手を捕まえたいのであれば、毎日しっかり気合を入れて準備をしておきたいものですね。

もちろん男性も然りです。
毎日かっこよく見せる努力をすれば、その分意識も上がっていきます。

中身を見てほしい、と思われる方もいるかもしれません。
しかし、悲しいかな、人間は外見から入る方が圧倒的に多いです。

外見をおざなりにした時点で内面を見てくれる可能性はかなり減るかと思われます。
是非、毎日”運命の人に出会うかもしれない”と、気を使ってみてくださいね。

ココ・シャネルとは?

ココ・シャネルはフランスのファッションデザイナーです。
20世紀を代表するファッションデザイナーのひとりで、言わずと知れたファッションブランド「シャネル」の創業者になります。

シャネルは、コルセットが多用されていた1910年代-1920年代の女性服に対して抱いていた「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、愛人であったウェストミンスター公爵の故郷であるイギリスの紳士服の仕立てや素材を女性服に応用し、スポーティでシンプルな、あるいはアール・デコ風なデザインの「シャネル・スーツ」を生み出しました。

女性の自立を目指し、モデルに当時の女性としては斬新だった、ポケットに手を入れる仕草をして歩かせていました。
それにより女性服にポケットを作っています。

また、彼女はかなり痩せた体型であったため、モデルとしてシャネルの服を着たシャネルがきっかけで、現在に至るまで「ファッションモデルは痩せている方が美しい」という固定観念が生まれたとされています。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 知識は実行されない限り何の価値も持たない!≪アントン・チェーホフの名言≫
  2. 【ポジティブに考えるための名言】批判は何をするにもされる。だから勇気をもって最後…
  3. 【かっこいい名言】覚悟を決める!一度心に決めたことは振り返らない。≪マイケル・ジ…
  4. 【人間関係をポジティブに考える名言】嫌いな人は下にいる。自分の持っていないものに…
  5. 【勉強のための名言】熱心に学ぶ姿勢はいつか習慣になる!≪オウィディウス≫

関連記事

Recommend post

PAGE TOP