努力に関する名言

【努力に関する名言】全ては過程。結果が全てじゃない。≪カール・ルイス≫

It’s all about the journey, not the outcome.
(過程が全て、結果が全てじゃないんだ。)

– Frederick Carlton “Carl” Lewis
/
カール・ルイス(1961~)

カール・ルイスの名言。

結果が全て。
過程が全て。

意見が分かれることではあるかと思います。
結果が出ないのであれば過程は無意味という考えも確かにあります。

ただ、カール・ルイスはそうじゃないと言っていますね。

過程あってこその結果

僕自身も結果が全てとは思いません。
もちろん結果は非常に大切です。

ですが、結果は過程があってこその結果。

何をどのように取り組んできたかを抜いて結果を語ってしまうと薄っぺらくなってしまいます。
結果が良い結果であれば過程の方法が正しかった。ということ。

過程が悪ければ結果も悪いんですよね。

結果だけにフォーカスするのではなく、過程を見ることで結果は変えることができます。
悪い結果だけを見て自分を責めたり他人を責めたりするのではなく、過程はどうだったか?

結果論にはなるかと思いますが、そこから次に繋げられます。
結果を見て悪いからと言ってそこで後悔して終わりであれば何も意味がないですね。

逆にいい結果であったとしても過程で何をやったからよかったのか?を見つめなおすことも大切です。
そうして過程をブラッシュアップしていけばどんどん結果も良くなっていきます。

結果ではなく過程。
過程と向き合っていきましょう。

カール・ルイスとは?

カール・ルイスはアメリカの陸上競技選手です。
国際陸上競技連盟の世界順位に初めて載った1979年から1996年のオリンピック終了までに、10のオリンピックメダル(うち9つが金メダル)と10の世界選手権メダル(うち8つが金メダル)を獲得しました。

1984年のロサンゼルスオリンピックで、100m、200m、走幅跳、男子4×100メートルリレーの4種目にエントリーし、全種目で金メダルを獲得しました。
これは1936年のジェシー・オーエンスの偉業に並ぶものでした。

1996年のアトランタオリンピックでは、ルイスは35歳となっていたが、走幅跳で金メダルを獲得し、オリンピック個人種目4連覇の偉業を達成しています。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

【参考動画:カール・ルイス 4冠】

この記事を読んだ人におすすめ!


ピックアップ記事

  1. 【かっこいい名言】最高の勝利はありのままで生きられるようになったこと≪オードリー…
  2. 失敗しても落ち込むな!唯一本当の失敗と呼べるのは、失敗から何も学ばないこと≪ヘン…
  3. 人には親切にしましょう。あなただけじゃなくみんな厳しい戦いをしているんだから≪プ…
  4. 【かっこいい名言】本当の才能は自分を信じることで生まれるもの≪マクシム・ゴーリキ…
  5. 夢は見れるんであれば実現できるんだ。ただし、努力が必要だ。≪リチャード・バックの…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP