人間関係の名言

上手に嘘をつくには頭を使う必要がある≪サミュエル・バトラー≫

Any fool can tell the truth, but it requires a man of some sense to know how to tell a lie well.
(真実を言うのはバカでもできるんだ、だけど上手に嘘をつく方法を知るのにはかなりの頭がいるんだ。)

– Samuel Butler
/
サミュエル・バトラー(1835~1902)

サミュエル・バトラーの名言です。

真実を言うのは何も考えなくてもできます。
それが真実なので見たまま、感じたままを伝えればいいだけです。
だから誰でもできる。

ただ、人間関係では時には嘘が必要になってきます。
上手く嘘をつくにはしっかり頭を使わなければいけません。

上手い嘘

場合によってはただ真実を伝えるよりも嘘を伝えなければいけない場合があります。

例えば、お子さんがサンタクロースを信じているのにサンタクロースはいない、というのは簡単ですが、それでは夢を壊して終わってしまいますね。
いかにサンタクロースがいるというように伝えられるか。
嘘のつき方が大切です。

いかに嘘をうまく伝えられるか。
しっかり頭を使わなければいけません。

相手を傷つけないように、ばれないように。
悪意で騙すため、ではなく善意で隠すため。

相手にとって何が幸せか。

ただただ考えるだけでなくて、相手の身になって考えることが大切になってきますね。
嘘をつくことが必要な時は色んな場合を想定して相手のためになるように考えて良い嘘をついていきましょう。

サミュエル・バトラーとは?

サミュエル・バトラーはイギリスの小説家です。
1863年、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』が発表されると、バトラーはこれ以降生涯にわたって進化論批判を繰り広げました。

1872年、匿名でユートピア小説『エレホン』(Erewhon)を発表する。理想郷エレホンの名前は、英単語「Nowhere(どこでもない)」のアナグラム。
オルダス・ハクスリーは、自身のディストピア小説『すばらしい新世界』が『エレホン』の影響を受けていることを公式に認めています。

死後に半自伝的小説『万人の道』(The Way of All Flesh)が発表されました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!


ピックアップ記事

  1. 【人生の名言】一生をともにしても幸せな自分を創る≪ゴルダ・メイア≫
  2. 【かっこいい名言】複雑にすることは馬鹿にだってできる。単純にすることこそ難しい。…
  3. 【一言なのにかっこいい名言】あなたらしく生きよう。他の誰かはすでに取られてしまっ…
  4. 【仕事に対する考え方の名言】ライバルが何をしようとも本当に相手が欲しいものを考え…
  5. 【失敗・努力の名言】なんども挑戦してなんども失敗すればいい。いい失敗をしよう。≪…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP