仕事の名言

【仕事に必要な名言】最高を望んで最悪を想定する。中間の結果が出ても驚かない≪マヤ・アンジェロウ≫

Hoping for the best, prepared for the worst, and unsurprised by anything in between.
(最高を望みながら最悪を想定して準備するの。そして、その中間があっても驚かないようにするのよ。)

– Maya Angelou
/
マヤ・アンジェロウ (1928~2014)

マヤ・アンジェロウの名言です。

最高を望んで準備をする。
最悪を想定して準備する。
心構えとしてはその中間があっても驚かない。

仕事をする上で、かつ他のことも含め非常に重要な考え方。

想定して準備をすることで準備不足を防止

仕事で成果を出す上で準備というのは本当に重要です。

ただ、その準備は不足してしまう人も多いのではないでしょうか?
不足してしまうことが多い方にはこの名言はピッタリかと思います。

楽観的な人は、最高を望んで準備をして、後ろ向きな人は最悪を想定して準備をするということが多いかと思います。
つまり、準備不足の場合、片方だけのことが多いということ。

ですので、最高の成果が出た場合、最悪の結果が出た場合をしっかり想定する。

最低限この二つを意識して準備する。
その中間の結果になっても驚かないように心構えもする。

自分の思い通りにいかないことは非常に多いのでどんな場合もあり得ます。

こうすることで準備不足はかなり解消されるでしょう。

準備はしてしすぎることはないです。
準備で成果が決まるといっても過言ではありません。

色んな事を想定して準備の質を上げて仕事に取り組みましょう。

マヤ・アンジェロウとは?

マヤ・アンジェロウはアメリカの詩人、歌手、女優です。
本名は、マーガリート・アニー・ジョンソン。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとともに公民権運動に参加。
1993年、ビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式にて自作の詩を朗読しました。
2011年、大統領自由勲章を受章しています。

代表作は、自伝の『歌え、翔べない鳥たちよ』。

詳細はこちらで⇒

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【かっこいい名言】限界に限界はない。限界を超えたときに新たに限界が生まれる。≪イ…
  2. 失敗してもくじけない!英雄は人より勇気があるというわけではなく、5分だけ長く続く…
  3. 失敗しないことを誇るんじゃなくて、失敗しても諦めずに立ち上がることを誇ろう!≪ネ…
  4. 【人間関係;ライバルに関する名言】恐るべき競争相手はあなたのことを気にせず自分の…
  5. 成功するために必要な名言!正しい道にいたとしても座っているだけでは車にひかれてし…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP