人間関係の名言

人に好かれたいなら人のことを好きになることからはじめよう。≪マーク・トウェインの名言≫

He liked to like people, therefore people liked him.
(彼は人々が好きだった、だからこそ彼は人々から好かれていたんだ。)

-Mark Twain
/
マーク・トウェイン(1835~1910)

マーク・トウェインの名言。

人間関係に対する名言です。
多くの人は他の人から好かれたいと考えているでしょう。

でも、みんなから好かれる人もいれば、嫌われてしまう人もいます。
これはなぜか?

結局のところ、相手を好きになれるかなれないかで分かれるのではないでしょうか。
相手のことを好きにならずに好かれたいと思うのは僕は傲慢だと思います。

自分の悪口や愚痴を言う人のことを好きになるのは難しいですよね。
そんな明確ではなく、何となく自分のことを好いているかどうかは話している中で分かるものです。
目を合わせないとか話が盛り上がらないとか。

人に好かれたいのであれば好きになること。
そこから始まるはずです。

気を付けなければならないのは好きなったからといって相手も自分のことを好きになる保証はないということ。

でも、本当に人のことが好きな人はそんなことを気にせずに色んな人を好きになっていく。
だから色んな人から好かれるんでしょうね。

僕の友人にも本当に人のことが好きで色んな人から好かれている人間がいます。
彼は絶対に人に対して不利益な提案はしないです。

販売の仕事をしている際に必ず相手のことを思って提案をします。
高いものが売れそうとかそういったものは除外し、本当にその人に合ったものを勧めています。
いっそ高いものは合わないからやめようと提案していました。

相手のことが好きだから相手の利益になることを提案する。
本当に素敵ですし、だからこそ、相手から好かれるというのは彼を見ているとわかります。

まずは人を好きになる。
好きになるから好かれる。
これが人間関係の基本になるんでしょうね。

蛇足になりますが個人的に生きる上で一番強い人は人のことが本当に好きな人だと思います。
利益をもたらすのは人。

交友関係が広いと困ったときに助けてくれる人も多いですし、何かを始めたときにも応援してくれる人が多いです。
自分ひとりであれば必ず限界があります。

一人の知識では交友関係が広い人にはなかなか勝てません。
交友関係が広い人は自分に足りない知識、足りない行動力を人によって補えるからです。

成功したいのであれば人間関係は大切にしていくべきでしょう。

マーク・トウェインとは?

マーク・トウェインはアメリカの作家、小説家です。
代表作は『トム・ソーヤーの冒険』。

ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べるほど非常に強い影響力を持った作家でした。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

ピックアップ記事

  1. 自分の人生は自分だけのもの。他人の人生を生きるのは時間の無駄!≪スティーブ・ジョ…
  2. 変わったときに一緒に変わる。うなずいたときに一緒にうなずく。そんな友は必要ない。…
  3. 【人生で必要な名言】好機が訪れたらブラインドを降ろさないように≪トム・ピーターズ…
  4. 【努力の名言】練習で90%の力しか出さないのであれば本番でも90%しか力が出せな…
  5. 【お金:利害に関する名言】髪を切ることが必要か床屋に聞いてはいけない≪ウォーレン…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP