人生の名言

【人生に関する名言】自分が望む世界があるなら、自分が変化するんだ≪ガンジー≫

Be the change you want to see in the world.
(世界の中で自分が見たいと思う変化にきみがなるんだ。)

– Mohandas Karamchand Gandhi
/
マハトマ・ガンジー (1869~1948)

ガンジーの名言。

人生、自分自身が変化していくことが重要であることが分かる名言ですね。

誰もが世界がこうだったら、と考えることがあるはずです。
でもその願望に対して、受動的であなたが何もしないのであれば何も変わりません。

だって、その世界を見ているのはあなた自身なので。
他人からみた世界はまた別物です。

それなのに、放っておいて自分が望むように世界が変わるなんていうことはないですよね?

自分が望むんだから自分が変化する

自分が望む世界は自分しか見れないわけです。

別に戦争がない世界とか、差別がない世界とかそんな大きいことじゃなくていいです。
ではなく、小さくても自分が望む世界。

例えば、好きな人が自分のことを好きになってくれる、仕事をして褒められる、勉強で100点が取れる、大会で優勝できる、ストレスを感じない、などなど。
個人目線で望む世界。

自分が望む世界なんだから完全に自分勝手でもいいと思います。

ただ、こういう望みはあるにせよ「~だったらなあ」とただぼやくだけ。
それはいただけないです。

ぼやいていたところで変わるわけがない。
それで変わるなら世界はもっと大変なことになっています。

そうじゃなくて、ガンジーが名言で残している通り、自分が変化する。

好きになってもらいたいなら好きになってもらえるように変化する。

100点を取りたいなら100点を取れるように変化する。

ストレスを感じないようにしたいならストレスを感じないように変化する。

など。

この例を見ると努力をしなきゃいけないんじゃ?と思うかもしれませんが、別に努力をすることだけが変化ではありません。

例えば会社でストレスを抱えているのであれば、会社を辞める。
これも十分変化です。

自分の今いる環境を変えるとか、考え方を変えるとか。
変わるものがあればそれが変化です。

ただ、あなた自身が何も変わらないなら運がよくない限りは変わりません。
なので、まずは自分が変わるように考える。

これだけで、自分が望む世界に一歩近づけることができますよ。

人間一人ひとり目は小さい世界しか見れないものです。
みんながみんな大きな世界のことを考えられるわけがないと、僕は思います。

なので、そんな仰々しく考えず、自分が望む世界がなんなのか?考えて、しっかり変化していきましょう。

マハトマ・ガンジーとは?

マハトマ・ガンジーはインドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者です。

僕はガンジーと認識していましたが、Wikipediaでは、ガンディーと表記されていました。

本名はモーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー。

インド独立の父。
1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていません。

南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮しました。
民衆暴動やゲリラ戦の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」を提唱。

この思想はインド独立の原動力となり、イギリス帝国をイギリス連邦へと転換させました。
さらに政治思想として植民地解放運動や人権運動の領域において、平和主義的手法として世界中に大きな影響を与えています。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!

ピックアップ記事

  1. 【人間関係の名言】人間は誰もがみんな月。他人に見せられない影を持っているもの。≪…
  2. ポジティブな英語の名言24選 悩んだ時に読むべき、やる気を出す!前向きになれる名…
  3. 【勉強の名言】6歳の子どもに説明ができないなら理解をしたとはいえない≪アインシュ…
  4. 【ポジティブになれる名言】捉え方がを変えれば、物事の見方は変わる!≪ジョン・ラス…
  5. 【かっこいい名言】限界に限界はない。限界を超えたときに新たに限界が生まれる。≪イ…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP