友達に関する名言

【人間関係の名言】人を全部知ることはできないもの。だから、、、≪トム・ハンクス≫

Truth is, I’ll never know all there is to know about you just as you will never know all there is to know about me.
Humans are by nature too complicated to be understood fully.
So, we can choose either to approach our fellow human beings with suspicion or to approach them with an open mind, a dash of optimism and a great deal of candor.

(事実として、私があなたのことを全て知るということが決してないようにあなたが私のことを全て知るということは決してないんだ。
人間を完全に理解するなんて生来、複雑すぎるんだよ。
だから、疑いながら人に近づくのか、もしくは、違いを受け入れる心と少しの楽観性と共にとても素直に近付くかを選ぶことができるものさ。)

– Thomas Jeffrey “Tom” Hanks
/
トム・ハンクス(1956~)

トム・ハンクスの名言です。

人間関係で重要な考え方ですね。
自分のことを完全に理解してもらうことはとても難しく、相手のことも理解してもらうことも非常に難しいものです。

だからこそそれを前提に人と接する。
疑うのか、違うものとして捉えるか。

知り合いに対しては違うものとして捉え、楽観的に考えた方がよさそうですね。

自分と他人は違うもの

どんなに気の合う友人、知り合いであったとしてもどこか考え方の違いは生じます。
これは完全に理解できたとしても変わらないことですね。

全く一緒だと思うような相手がいるのであればそれこそ怪しいので疑った方が良いかと思います。
多分あなたに合わせているだけの可能性は高いので。

何はともあれ、違いは必ず生じるものなのでなんでもかんでも理解しようとか理解してもらおうとするのは間違い。
意見や考え方の相違が生じたとしてもそこは受け入れる楽観性は持っておきましょう。

なんで理解してくれないんだ?と考えたとしても他人は他人。
そこは揺るぎようのない事実です。

であれば無理に理解してもらおうとする必要はありません。
他人と自分は違う。
そうやって考えて受け入れてしまえばいいだけです。

人間関係、がちがちに考えるんじゃなく楽観性を持つと気が楽になります。
深いところで理解しようとも理解してもらおうとも思わないようにしていきましょう。

トム・ハンクスとは?

トム・ハンクスはアメリカの俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサーです。

全米長寿バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』や、『スプラッシュ』『メイフィールドの怪人たち』『ビッグ』といった軽妙なコメディ映画を得意とする若手コメディアンとして活躍していました。

1993年にエイズを取り扱ったシリアスなドラマ『フィラデルフィア』、そして1994年に『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続、アカデミー主演男優賞を受賞。
ライトコメディ俳優から一躍オスカー常連の名優へと成長し、以降は数々の話題作・大作に立て続けに主演を重ねていきました。

詳細はこちらで⇒Wikipedia

この記事を読んだ人におすすめ!


ピックアップ記事

  1. 【人間関係の名言】人を全部知ることはできないもの。だから、、、≪トム・ハンクス≫…
  2. 【時間に関する名言】時のある時にバラを摘もう。明日には枯れてしまうかもしれないの…
  3. 【結婚に関する名言】一緒に生きられるじゃなくて、一緒じゃなきゃ生きていられない相…
  4. 【人生で成功する名言】本物の成功者たちは、ほとんど全てのことに、、、≪ウォーレン…
  5. 欠点なんか誰でも見つけられる。だったら改善策を探そう!≪ヘンリー・フォードの名言…

関連記事

Recommend post

PAGE TOP